『公害防止管理者[大気関係]完全合格教本』
(関根嘉香 著 新星出版社)
発行年月日 2012年2月25日(初版発行)

 この度は,『公害防止管理者[大気関係]完全合格教本』をお読み頂き,誠にありがとうございます。
本書の記載内容に以下の誤りがございました。訂正してお詫び申し上げます。

正誤表
表中や問題文中の物質名の表記において、
「トリクロロベンゼン」は「トリクロロエチレン」、「テトラクロロベンゼン」は「テトラクロロエチレン」の誤りです。
■p.63
上部の表「有害大気汚染物質」において
ベンゼン(このまま)
(誤)トリクロロベンゼン  → (正)トリクロロエチレン
(誤)テトラクロロベンゼン → (正)テトラクロロエチレン
ジクロロメタン(このまま)

※表中の数値や説明に誤記はありません。
■p.74
上部の表(有害大気汚染物質の状況)
ベンゼン(このまま)
(誤)トリクロロベンゼン  → (正)トリクロロエチレン
(誤)テトラクロロベンゼン → (正)テトラクロロエチレン
ジクロロメタン(このまま)
■p.75
確認問題[8]
(1)ベンゼン(このまま)
(2)(誤)トリクロロベンゼン  → (正)トリクロロエチレン
(3)(誤)テトラクロロベンゼン → (正)テトラクロロエチレン
(4)ジクロロメタン(このまま)
■p.76
酸性雨(下から5行目)
(誤)酸性雨はpH5.6未満の雨と定義 → (正)酸性雨はpH5.6以下の雨と定義
■p.86
中ほどの表「有害汚染物質・石綿・ダイオキシン類」
ベンゼン(このまま)
(誤)トリクロロベンゼン  → (正)トリクロロエチレン
(誤)テトラクロロベンゼン → (正)テトラクロロエチレン
ジクロロメタン(このまま)

※表中の他の項目はそのまま。
  「索引」も、上記の表記に従って訂正します。
■p.31,p.77
オゾン層破壊の化学式 3行目
(誤)ClO + O → Cl2 + O2 → (正)ClO + O → Cl + O2
■p.92
演習問題 問1の解説
(誤)…1時間値に対する基準は… → (正)…1時間値の1日平均値に対する基準は…
■p.120
表「噴霧式バーナーの特性と用途」において
(誤)圧空気式 → (正)圧空気式
■p.124
表「二酸化炭素計」
(誤)CO2の熱導率が… → (正)CO2の熱導率が…
■p.158
式の下の文章
(誤)…またβを粒度分布特性,→ (正)…またβを粒度特性係数
■p.160
ダスト濃度の影響
(誤)…ダスト濃度にはあまり影響を受けません。→ (正)…ダスト濃度が高いとコロナ放電が抑制され,集塵率が低下します。
■p.166
A分離限界粒子径dpの式
(誤)左辺の (R 2 R 1) 部分 → (正)  (R 2 R 1 n
■p.170
上段から3行目
(誤)ρpガス密度 → (正)ρpダスト密度
■p.174
中ほどの表において
(誤)「コーティング加工」に「耐食性」がある(○印) → (正)「コーティング加工」に「耐食性」はない(○印を削除)
■p.179
「石綿の性状」の図において
(誤)…直径:1μm以下〜→ (正)長さ:1μm以下〜
■p.184
等速吸引の図(下から3行目)
左から2番目の図 (誤)ダスト濃度 過 → (正)過
左から3番目の図 (誤)ダスト濃度 過 → (正)過
■p.185
上から4行目
(誤)ρpガス密度 → (正)ρpダスト密度
■p.185
「デービスの式」において2箇所
(誤)vn → (正)vn
■p.194
問13の解説 1行目右側
(誤)ろ速度 → (正)ろ速度
■p.219
〔用語メモ〕の「ボパール事件」2行目
(誤)数千人の死亡者。→(正)直後,数千人の死亡者。
■p.238
下から3行目
(誤)風下方向の着地距離は,→ (正)風下方向の着地濃度は,
■p.291
解答と解説 問7
(誤)問7(4) → (正)問7(3)
■p.301
問13
(誤)…、誤っているものはどれか。 → (正)…,誤っているものを2つ選べ。
■p.302〜303
解答と解説 問13
(誤)問13(4) → (正)問13(3)(4)

ノマド・ワークス 読者質問係
FAX 03-3981-0306

戻る